1.やったこと

1-1.VisualNovel 

 ゲームで英語勉強。 自分は学生の頃からビジュアルノベルが好きで結構やっていました。(ひぐらしのなく頃に、Air、Fate_stay_nightとか) 昨今の世の中の流れを受けてかはわかりませんが、下記の百合ゲー2本がとても高評価でしたのでプレイしました。

 itch.ioから無料でダウンロードできるのでやりましょう。

Butterfly Soup

ButterflySoupはインターネットミームが多く面白かったです。特に日本のオタクネタ、腐女子ネタが満載でいいですね。 例えば下記の例は特徴的です。

Humankind cannot gain anything without first giving something
in return. To obtain, something of equal value must be lost.
That is alchemy's first law of Equivalent Exchange.
In those days, we really believed that to be the world's one, and only truth.

こちらの文章は、漫画「鋼の錬金術師」に登場する「等価交換の法則」の全文です。 コンテキストの流れが掴めずに初め読んだときは意味をつかむことができなかったのですが、 文中のalchemy's fist lawのところで理解することができました。

one night, hot springs

  温泉ゲーの方は日本人の作者さんがほぼ一人で作られていまして、このゲームの完成度が高いだけでなく、 同種のゲームをたくさん配信していらっしゃっていて、その熱量に感動しました。 こちらの温泉ゲーに関してはマルチエンディングを実装されていて、しっかりとコンプリートさせられてしましました。

1-2.多読

 KindlePaperWhiteを買いました。良いです。    また、多読界隈では、この辺りのサイトがよく記事に上がります。 多読王国 とりあえず100万語くらい読みましょう、という話です。 目標としてわかりやすいので目指してみます。

自分は9月中に以下の本を読みました。 - DarrenShan - Cirque Du Freak 総語数:48,726 - The Vampire’s Assistant 総語数:41,598 - Tunnels of Blood 総語数:38,600

 Darren Shanシリーズという、英語圏の児童書のシリーズものがありまして、そのうちの3冊を読みました。 ハリーポッターより少し簡単なレベルです。バンパイア物です。ハリーポッターのファンタジー色が自分には少し合わないのですが、こちらは面白かったです。

Twitterで呟くと、速攻で作者が いいね くれます。

 如何せん返り読みが多く時間がかかっています。ストレスもかかっています。 自分の語彙の少なさに気づきました。以後はもう少し簡単な本を選択します。

 多読をする上で大切なことは、簡単な本を選択することだそうです。 自身の英語力では簡単すぎるかな? くらいの本がベストだそうです。 こちらのyukoさんは、TOEICの対策をほぼせず、多読、多聴だけでスコア900超えを叩き出した強者。 多読・多聴 わかったつもりになっているだけ・・・?    洋書内における語彙のレベルとコンテンツの面白さは(概ね)比例関係にあると思っています。 語彙が易しく、かつ面白いKindle本を発掘するという新たなタスクが追加されました…

 多読に関してはその程度で、そのほかにはReddit, HKNews, Mediumなどを気晴らしに読んでいました。

  • そのほか、多読を通して気づいたこと
    • 楽しめるコンテンツの重要性
    • 語彙力の低さ
    • 翻訳と多読は完全に分けて考えた方が良さげ
      • 理由:使っている脳の仕組みが全く違う

1-3.TOEIC受験しました(929 Sun) 

 おそらくスコア730 ~ 780くらいです。 受験の前に模試を用意して2回ほどやってみたところ700点代を1回と800点代を1回という結果だったので、 本番でも同じくらいでしょう。KindleUnlimitedであれば、模試数回分が無料で落とせ流のでおすすめ。

受けてみて感想
  • 受験会場の運あり。机と椅子の高さや硬さ、音の聞き取りやすさ(スピーカーの数、配置)、試験管の靴音や態度
    • 個人的には首がしんどい
    • 悪臭を放つ人物対策にマスクいいかも
    • ギシギシいう机だと周囲に気を遣う
  • 寒さ対策は必須
  • カフェインがとても効く
TOEIC勉強必要なくね?説

 多方で言われている説です。実用英語との乖離が大きく、悪い意味での受験英語と同様の、筆記はよくできるが英語話せない人種を生み出してしまうというアレです。 自分の意見としては、TOEICのための英語勉強はもったいないと考えており、本質的な学習(英語をツールとして見なして目的ドリブンでの総合的な学習)を進めていく上での現在地確認の手法としてTOEICを使用するのがいいんじゃないかと。

 自分の好きなブロガーの yukoさんは、楽しいドリブンを絵に描いたような方でして、とても参考になります。 反TOEIC この辺りの判断は個人の相性が大きく関与する部分かと。

1-4.ボキャビル

 Lingqが素晴らしいです。有料会員になりました。こちらで精読をしていきます。TEDのスクリプトや音声を取り込んだりして楽しんでいます。 Web記事やepub本など、どんなものでも教材化できるので素晴らしいです。書店で音源付きテキストを1,000円くらい出して買う生活は終わりです。

1-5.瞬間英作文への疑問 

 瞬間英作文という学習メソッドがあります。こいつを一時期集中的にやっていました。 面白みにかけてしまって、最近はやっていません。また、以下のように考えるようになりました。 - 日本語 => 英語という変換はもう必要ないのではないか - それよりは英作文で表現の幅を広げる方向を試してみたい

しばらくおやすみしてみます。 KindleUnlimitedでは、英語のライティング本が無料でいくつか提供されているので、折を見てそちらにトライします。

1-6.紙の辞書を買った

 なかなかいいです。楽しいです。英語が好きになります。これ一冊に必須英単語は全て詰まっているのだな、と考えると安心感があります。 引くスピードも別段遅くないです。運がいいいと一発で見つかります(10回に1回くらい)。メルカリで旧版を買って見るのも悪くないんじゃないかと。

2.今後の計画

  • 今後の計画
    • 長期的視野を(さらに)意識する
      • ツールとしての語学
      • 1H/Dayを意識
      • 精読…Linq(Miliam, HN, TED)
      • 多読…児童書、おもむろに好きな本(Norwagian Wood)
        • KindleUnlimitedによる多読本の増加
          • 初月無料、大会後の再入会は、なんと 290yen/3month
        • 究極の英単語、英検対策本などのコンテンツもあり
      • 臨時的に語彙の増加を急務として継続
        • 3000語突破、多読への道