これはHacker Newsガイドラインの日本語訳です。

 SlackやDiscordといったコミュニティ形成を促すツールが世の中に浸透していく中で、情報の取捨選択の重要性は日々増しています。 私の好きなHacker Newsにおいては、そのガイドラインが、純度の高い情報のみ集めさせるフィルターとして機能していると感じます。

 このガイドラインに書かれている内容は簡潔で分かりやすく、良い記事・コミュニティ形成のために最適化されています。この内容が全て守られているかというと疑わしく、コメント欄での不毛な議論が見られることも多いのですが…とはいえ過激な意見の頻度や投稿者の品位は、他の掲示板と比較して優れていると感じます。

 このコミュニティの質を高めているのは、サイト創設者であるPaulGrahamによる思想(つまりこのガイドライン)と、それを尊重するユーザーの協力によるものが大きいと考えます。ガイドラインの意義の高さを強く認識しました。

↓訳


Hacker News ガイドライン

投稿すべき記事とそうでない記事

投稿する記事として相応しいもの: ハックやスタートアップなどの一般的なハッカーにとって興味深いトピック。知的好奇心を刺激するトピック。

投稿する記事として相応しくないもの: 何かしらの目新しく新鮮なニュースを除いた、政治、犯罪、スポーツといった話題。ハプニング映像や動物映像なども同様で、一般的に言ってテレビで取り上げられるような多くのものが該当する。

投稿について

タイトルを目立たせようとして、次のようなことをしないでください。アッパーケースを使用する、エクスクラメーションマークを使用する、記事を賞賛する、といった記事の重要性を強調する行為。

オリジナルのソースを提供してください。ある事項についての紹介記事についてではなく、元記事の方をポストしてください。

動画やPDFについてポストする際は、タイトルに[video], [pdf]という文言を含むようにしてください。 

紹介する記事元のサイト名がタイトルに含まれているようであれば、それは省いてください。リンク先でそれは確認できるため、明示する必要はありません。

もしタイトルが、「10 Ways To Do X」というように、あまり意味のない数字で始まる場合は、「How To Do X」のように数字を省いていただくことが望ましいです。ただし「The 5 Platonic Solids.」1のように、その数字が意義あるものである場合はその限りではありません。

もし誤解を招く可能性や分かりづらいタイトルになってしまう場合は、むやみに編集することなく、オリジナルのタイトルを使用してください。

 HNに対する質問を投稿しないでください。もし質問がある場合は、hn@ycombinator.comまでメールをしてください。同様にYC-funded社に質問がある際も、メールでお尋ねください。

あなたの投稿で画面が埋まってしまうほどのたくさんの投稿を一度に行うことはお控えください。

コメントについて

優しく紳士的でありましょう。怒りっぽく短絡的な態度は控えましょう。思慮深く、意義のあるコメントを残すよう心がけましょう。対立を生むようなコメントは避けましょう。

話の内容に対して同意できない場合は、名指しでの批判は避け、議論の内容に対して言及しましょう。「1+1=2だ. そんなことはバカでもわかる」という表現をするのではなく、「1+1=2だ。」というように論点に対してのみ発言しましょう。

批判のしやすい、ごく一部の意見に対してコメントをするよりも、話題の中心である、確度の高い情報に対して反応するように心がけましょう。

挑発するようなコメントはやめましょう。真に価値ある新しい情報を提供する場合を除いて、口論に発展しそうなコメントは避けてください。本題と関係のない議論や本筋から外れた話題についても同様です。

Hacker News にて政治・思想の討論をすることは、このサイトで培ってきた知的探求の土壌を損ねる可能性があるため控えてください。

「この記事を読んだことある?」とう質問はやめましょう。記事を読んだか否かを尋ねることは時に挑発的に受け取られる可能性があるため、「その話題についてはこの記事で取り扱っているよ」という形で話題を振りましょう。

アカウントを削除することや作り直すことは問題ありませんが、HNのコメント欄はユーザー相互の関係性によって成り立っているため、頻繁な変更や定期的な変更はやめてください。

意見を強調したい時はアッパーケースを使用する代わりにイタリック表記にしてください。単語の前後に asterisk を挟むことでイタリック体とすることができます。

 企業によるアストロターフィング2は行わないでください。議論の品位を下げるだけでなく、誤解を産みかねません。もしきになるようでしたら、メールにてご連絡ください。

「この投稿は不適切 / 不適当だ」という批判はやめてください。スパムや不適切な投稿に対してはコメントの代わりにフラグを立ててください。フラグを立てたことに対するコメントも不要です。

 コメント得票数に対してのコメントはお控えください。HNにとって良いものではないですし、何より面白くありません。s


2文ほど意味が汲み取れない箇所がありましたので、その箇所については訳していません。

Please don’t post shallow dismissals, especially of other people’s work. A good critical comment teaches us something.

Please don’t submit comments saying that HN is turning into Reddit. It’s a semi-noob illusion, as old as the hills.

 文中には手放しに同意しかねるものもありましたが、この文章全体からはHNの目指している「ハッカー / エンジニアの知的探求の場」に対する強い姿勢が窺えます。

 また、これは私だけの感覚かもしれませんが、原文がとてもシンプルで読み易く感じました。これは文のリズムが優れているからかもしれません。 例えばですが、もし私がガイドラインや規約を書き上げようと意図するならば、下記のようににリストアップする形が能率の観点より望ましいと感じます。

以下のことは避けてください
- xxx
- yyy
- ddd
- ...

 しかしHNガイドラインでは、以下のように書いています。

Please don't xxx
Please don't yyy
Pliase don't zzz
...

 ややもすると冗長にも感じられるこの記載方法がPaulGrahamの意図してのことなのかはわかりませんが、この文体が私にとっては心地よく感じられました。

 また、文の冗長さと明瞭さを天秤にかけた上で後者を採用したのだとすれば、それはこのガイドラインに対する強い意志の表れなのかもしれません。一文に対するコンテキストを損ないたくなかったということです。

 私の日本語訳のせいで幾分か堅苦しいものとなってしまいましたが、原文は筆者の考えが伝わってくる良い文章です。